借金エピソード

かつて消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠からお金を借りていたことがありました。 5年もすると、それら借金の累計は200万円以上にもなりました。ものすごいスピードで増えていったのをよく覚えています。
毎月毎月それぞれの返済日にちまちまとお金を返していましたが、いくら返しても利息の返済程度しかできなかったので、当然元本はほとんど減りませんでした。
特に、大手の消費者金融から借りた100万円以上の借金が大きかったですね。

こんな生活をあと何年続けたら、全額返せるんだろう・・・。
頭の中は常にお金のことばかり、お給料が入っても、それは右から左に返済しなければならないのです。借金があるということで、日常的に大きなストレスを受け続けることになるのでした。
当時のお給料は毎月20万円あまりしかなかったので、そんな収入の私が200万円もの借金を抱えていることがどんなに恐ろしいかお分かりでしょうか。

特にストレスだったのが、返済日になると消費者金融の設置したブースに入って返済しなければいけないことでした。
当時は今のように便利ではなく、インターネット入金や銀行口座引き落としなどができない時代だったのです。
借金していることを誰にも知られたくない私は、返済日がくると、知り合いに会いそうな場所は避けて、夜中に返済に行きました。

お給料をもらっても自分のために使うこともできない(当たり前、自業自得です)、返済のためだけに生きている日々に嫌気がさしてきます。
そしてついに、「借金をまとめよう」と思い立ったのです。
消費者金融系は利息がべらぼうに高いことがさすがに分かっていたので、比較的利息の低い銀行系のカードローンを申し込むことにしました。
参考サイト:おまとめローン厳選!(http://xn--t8j0c1cn45ceb0dx862g6jvajkx.com/)審査が通るかどうかが心配でしたが、特に延滞履歴などもなかったおかげか、無事にカードの発行をすることができたのです。
当時残っていた借金残高の150万円をそこで借り、それまで5か所ほどで借りていたお金を一気に返済しました。

借金の総額自体は変わりませんでしたが、返済箇所が一か所になるというだけで私のストレスはずいぶん軽減されました。
精神的に落ち着きを取り戻したおかげで、昼間の仕事のほかに週に数回だけ夜もアルバイトを始めて、収入アップをはかることが出来たのです。
その結果として、残りの借金は2年ほどできれいに返済し終えることができました。
誰でも簡単に借金できてしまう世の中ですが、誰でも簡単に返済できるとは限りません。私は今でも、現金を借りることだけはしない、と決めています。

ページのトップへ戻る